メタボリックシンドローム・PRリンク

正しいダイエット最新情報!

正しいダイエット最新情報無料レポートです。

【無料】なので、よろしければどうぞ。タダより安いものはありませんから。

急激にやせるのは、後々リバウンドを伴い、不健康な体を作ります。ダイエットをするなら正しい方法を知っておいた方が良いですね。

無料レポート

無料は嬉しいですね。


メタボリックシンドロームの食事療法・自己チェックリスト

【メタボリックシンドロームの食事療法・自己チェックリスト】

あなたはどれくらい当てはまりますか。

1.お酒を好んでよく飲む。
2.食事は満腹になるまで食べる。
3.好き嫌いが多く、緑黄色野菜をあまり食べない。
4.甘い味付けが好き。
5.缶コーヒー(砂糖入り)を1日2本以上飲む。
6.アイスクリームをよく食べる。
7.間食をよく食べる。

自分の状態がメタボリックシンドロームもしくは、その予備軍である場合、上記のチェックリストに1つでも当てはまれば、要注意です。食習慣を変化させる必要があります。お酒を控えたり、缶コーヒーの銘柄をブラック・コーヒーに変えるという工夫をしてみましょう。一度にやろうとすると無理が生じます。リバウンドも恐ろしいので、少しずつ変えていくのが理想的です。

内科の診療を受けた上で、栄養士の具体的なアドバイスを受けるのが最善策であることは、前に伸べた通りです。

メタボリックシンドロームの運動療法【有酸素運動】

メタボリックシンドロームの運動による予防方法は、「有酸素運動」をすることです。

有酸素運動とは、酸素を消費しエネルギーに換え運動を行う運動方法です。代表的なものに「ウォーキング」「ジョギング」「サイクリング」があります。

有酸素運動の基準としては「激しくなく楽でもない運動」です。具体的には、脈拍が1分間に100を下回る程度です。

最低でも1日30分は、有酸素運動をしたいところです。

「1日何分すれば良いの?」という声が聞こえてきそうですが、やはり肥満の度合いによって、推奨される運動時間も異なってきます。詳しくは、メタボリックシンドローム診察の専門医に尋ねましょう。

メタボリックシンドロームが流行語大賞に

メタボリックシンドロームが流行語大賞トップ10にランクインしました。

『今年1年間に流行した言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞 2006」が12月1日に発表された。大賞は「イナバウアー」と「品格」で、トップテンには「ミクシィ」(mixi)や「脳トレ」も入った。

トップテンにはこのほか「エロカッコイイ」(エロカワイイ)「格差社会」「シンジラレナ〜イ」「たらこ・たらこ・たらこ」「ハンカチ王子」「メタボリックシンドローム」(メタボ)が入っている。

 流行語大賞は、候補語60語から選ばれた。候補語には「ユーチューブ」(YouTube)や「GyaO」などネット関連の用語や、「ツンデレラ」など一般には耳慣れない語句もラインアップされていた。』

Yahoo!ニュースから引用です。

世間の方の関心の高さを伺わせます。やはりメタボリックシンドローム予備軍が多いためでしょうか!? 食事と生活習慣に気を配って、メタボリックシンドロームの予防に努めたいものです。

メタボリックシンドロームに効くサプリ1

■【送料無料】血糖値・内臓脂肪が気になる方に!純度99%スーパーカテキンV99



親戚が使用していて、半年間で5キロ痩せたそうです。もちろん効き目には個人差があると思いますが、身近な人間で効果があったので、真っ先に掲載しました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。